軟水・硬水について

水に入っているミネラル成分の量

軟水・硬水というのは、 水に含まれているミネラル成分(カルシウムとマグネシウム)の量が多ければ、 硬い水=硬水になっていくことになります。

軟水・硬水は硬度という単位で単位で表され、

硬度 = ( カルシウム量 × 2.5 ) + ( マグネシウム量 × 4.0 )
※単位はすべて mg/L

で計算され、硬度を分類する基準は、以下のような目安があります。

分類硬度ミネラルウォーターの銘柄(硬度)
軟水~100ボルヴィック(50)
中硬水100~300エビアン(297.5)
硬水300~ボルセック(1237)
コントレックス(1468)

日本と海外の硬度

日本の水は硬度20~60のものがほとんどなので、我々は軟水に慣れています。

日本が軟水の理由は、日本は島国のため小さい面積の中に高い山々が多くあり、山中に水が留まる時間が短いため、 ミネラル成分が水に溶け出す時間が短いためです。

逆にヨーロッパや北米などは、広大な土地のなだらかな山をゆっくり水が浸透していくため、 ミネラル成分を多く含んだ硬水になります。

軟水・硬水の特徴

軟水はミネラル成分が少ないので味がしません。よって煮物など繊細な味付けを求める和食に向いており、 洗濯に軟水を使うと泡立ちが良くなります。

硬水はミネラル成分が豊富なので、スポーツ後のミネラル補給や妊婦のカルシウム補給、 またミネラルはダイエットや便秘解消にも役立ちます。

一方、あまりミネラル成分が多いとカルシウムが野菜組織を硬化させ口当たりが悪くなったり、 お茶の場合は、渋み成分であるタンニンの抽出が抑えられ味と香りが弱まります。

つまり、硬水は繊細な料理には向かず、洗濯の泡立ちも悪くなります。

当サイト経由の契約ランキングを集計して今年で5年目!その本当に売れているランキングがコチラです。

アクアスポット開設以来ずっとランキング1位のコスモウォーターが5年連続で1位となりました。

扱っているサーバーと水の種類(天然水とミネラルウォーター)が豊富なこと。 さらに水の品質も高く、とにかく優れたバランスの水宅配サービスです。

ワンタッチらく楽サーバーの水換えの手軽さは一度経験してしまうと戻れません。

今までのランキング

2015年第1位
2014年第1位
2013年第1位
2012年第1位
2011年第1位

第2位 クリクラ

クリスタルサーバーSをA4の紙との比較

コスパに優れるクリクラが安定の2位にランクインです。クリクラのウリはなんといっても料金が安いこと。

アクアクララとライバル関係にある会社で、サーバーラインナップは違いますが水は全く同じ成分。人気なわけです。

今までのランキング

2015年第2位
2014年第2位
2013年第3位
2012年第2位
2011年第2位

アクアクララのウォーターサーバー アクアクレールL(床置き型)

毎年ランキングに顔を見せる全国販売シェアNo.1のアクアクララは過去最高の3位となりました。バランスの取れたサービス内容と知名度で安定のランクインです。

今までのランキング

2015年第3位
2014年第5位
2013年第5位
2012年第8位
2011年第5位

残念ながらトップ3入りしませんでしたが、ピュアウォーター採用でコスパが高く根強い人気があります。 北アルプスの水が原水のアルピナウォーターは実際にレンタルして試飲していますが、舌触りがよく口の中に溶けて広がっていくような感じです。詳しくはアルピナ体験記を御覧ください。

今までのランキング

2015年第4位
2014年第4位
2013年第6位
2012年第3位

去年より順位を下げたもののフレシャスがランクイン。実はフレシャスはウォーターサーバー業界の中では後発組なのですが、メキメキと人気が上昇、あっという間に人気サービスの仲間入りを果たしました。

亜鉛の含有量から美容効果が期待でき、1~2人暮らし最適のボトルサイズ。その手軽さが人気の秘密です。

今までのランキング

2015年第5位
2014年第3位
2013年第2位
2012年第4位
2011年第7位
高級感と気品を感じる正面。部屋が格好良くなります。

一覧比較

水宅配レビュー

人気記事

水宅配会社一覧

コラム